口内炎ができやすくてたまらなく痛い方必見!おすすめの対処方法を紹介

口内炎ができやすくてとても痛い!そんな時どうしますか?

少し疲れたりすると必ずと言っていいほど直ぐに、口の中にできものができて痛くてたまらなくなります。ひどくなると、何も食べれなくなる場合もあったりして、とても厄介ですよね。一日も早く治したい本当にそう思います。

辛くてたまらないときは直ぐに病院に行く!

1週間以上口内炎の症状が良くならない場合は歯科や口腔外科で受診するべきです。もしかしたら、大変な病気がかくれているかもしれません。早めの受診が大切です。

口内炎のできはじめなら私の場合はコレを選択


薬局で購入できる「口内炎リペアショット」というものを使用。口内炎やのどの痛みに有効だと友達に勧められてもっぱら私はコレを愛用しています。

チョコラBBの口内炎リペアショットは殺菌+粘膜修復のW作用つらーい時にシュッと口の中にワンプッシュでOK。いつでもどこでも手軽にケアできるので、いつもバックの中に忍ばせています。

知り合いの方はこちらを選択

こちらの商品も口内炎とのどの痛みに良いようで、知り合いの方はもっぱらこちらを愛用しているそうです。

どちらの商品も、粘膜修復成分のアズレンスルホン酸ナトリウム水和物が配合されています。

口内炎の原因は?

①ストレス?
②ビタミン不足?
③細菌やウイルス?
④肩こり?
⑤口の中の衛生環境の悪化?

私の場合は仕事のストレスによる免疫力低下や食事のバランスがうまくとれていなくてビタミンB2不足で口内炎ができることがよくあるよ。

yawa

ビタミンB2の多く含まれる食品は?

ビタミン不足で口内炎ができるなら、ビタミンB2の多く含まれる食品を多く摂れば口内炎を予防できるのではないかと思いましたので、少し調べてみました。

多く含む食材
 ・レバー、牛乳、卵
 ・ウナギ、カレイ、ズワイガニ、サワラ
 ・ノリ、ワカメ
 ・干しシイタケ、マッシュルーム、キクラゲ
 ・納豆、アーモンド、アワビ 

口内炎に有効なのはビタミンB2+ビタミンCの2をセットにして摂取すると良いといわれています。ビタミンCが多く含まれているモノといえば緑黄色野菜などがあげられますね。キャベツやレタスなどの葉物やさつまいも、ジャガイモなどもそうです。

みかんやレモンもビタミンCが多く含まれていますが、口内炎が口の中にあると食べることが辛いのでそのようなときは無理はしない方がいいと思います。

食生活の改善から取り組むのが口内炎を予防するための近道かもしれません。お弁当屋さんの総菜の選び方によっても改善はできます。頭の片隅にちょこっとおいて身体に優しいものを取り入れていくのがベストなのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です